看護師転職サポート。看護師さんの転職&キャリアサポート

介護分野の看護師の仕事内容

高齢化が進む中、今後も介護分野での看護師の需要が増していくことでしょう。また、日勤勤務が多いため、子育て中の看護師さんなどの介護施設に対する関心も高くなっています。
しかし、治療を目的とした病院と違い、介護施設は生活の場であることが多く、その違いを理解する必要があります。看護師は医療者として生活を支援することが求められますが、対象者は「患者」ではなく「入居者」、病院とはまた違った視点が必要です。
もちろん介護業務も切り離すことはできません。 介護業務は専門の介護スタッフが行うケースが多いですが、これも施設によりまちまちです。

介護分野で求められる「判断力」と「コミュニケーション能力」

介護分野での看護師の役割は、日々の健康管理や緊急時の対応になります。緊急時には医師の指示を仰がなければなりませんが、対応や緊急性など、とっさの判断力が求められます。介護施設においては、医者が不在で医療行為を行えるのは看護
また、介護施設ではほとんどの入居者が高齢者であり、痴呆症状を伴うことも少なくありません。そうした入居者とのコミュニケーションはもちろん、介護スタッフとのコミュニケーションや信頼関係を築く能力が必要とされます。

《 主たる業務内容 》
・健康状態の把握(バイタル測定、血糖値測定、問診など)
・医療行為全般(注射、吸引、胃ろうの管理、ストーマ管理など)
・薬の管理、服薬管理
・医師やケアマネージャー、介護士などとの連絡や調整
・介護スタッフのフォローや介護業務
・リハビリの補助やレクリエーション
・通院など、施設外診療の付き添いや補助
・健康管理などの身体面や心理面でのアドバイス
・衛生上管理などの介護職員等への

施設の種類別の特徴

介護施設は、施設の種類により看護師や医師の配置基準が異なり、勤務体制も異なります。

【介護老人保健施設】
リハビリや機能訓練による在宅復帰が目的の短期施設
医療ケア・介護サービス・生活サービスを併せて受けることができる
デイサービス、ショートステイの利用ができる
人員配置:定員100人あたり/常勤医師 1人、看護師 10人、介護士 24人

日中は医師が常勤。
看護師の24時間勤務が義務付けられており、看護師の配置人数が多く夜勤もあります。

【特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)】
介護度が高く、認知症の高齢者も多い。最期を施設で迎える方も。
人員配置:定員100人あたり/医師 1人(非常勤可)、看護師 3人、介護士 31人

非常勤可のため常勤医がおらず、医師不在の場合も多くあります。そのため看護師の判断が重要となります。夜勤の有無は施設により異なりますが、夜勤が無い場合でもオンコールがある場合が多いようです。

【有料老人ホーム】
有料老人ホームの中でも、施設スタッフからケアが受けられるのは介護付有料老人ホーム。
要介護認定者に限定した「介護専用型」と認定がなくても入居できる「混合型」がある。
契約内容により生涯住むことも可能。
人員配置(特定施設入居者生活介護の場合)
  :要介護者に対して/介護・看護職員(要介護者3:1、要支援者10:1)
   入居者の実態に即し、夜間の介護、緊急時に対応できるよう配置すること。

医師の配置義務はありません。夜勤の有無は施設により異なりますが、夜勤が無い場合でもオンコールがある場合が多いようです。
要介護認定でない方も入居される場合には医療行為が比較的少なく、ゆったりと寄り添った看護ができます。その場合、見守り・観察・コミュニケーションによる予防医療が重要になります。

無料転職サポートWEB登録
やってはいけない転職活動