やってはいけない転職活動!

知らず知らずにやってしまうNG転職・・・
先輩看護師達の経験を活かして賢い転職をするために
求職中の方も、そうでない方も、
心当たりがないか考えてみてください♪
イメージで職場を選ぶ 噂を真に受ける 焦って転職する
職場の分析をしない 今のことしか考えない 雇用条件を確認しない

1イメージで職場を選ぶ
●施設を実際に見ずに就職先を選ぶ。
職場選びは条件だけではない・・・と分かっていても、勤務場所や時間・給与など、求人情報の内容だけで就職先を選んではいませんか? 施設の状態、具体的な仕事のやり方、使用している医療機器、勤務している看護師やその他スタッフの雰囲気・表情など 、現場を目で見て話しをして初めて分かることがあります。その確認に手を抜くと、「こんなはずじゃなかった」と嘆くことにも!?
●ネームバリューだけで選ぶ。
「有名病院だから、教育体制もしっかりしていて、看護のレベルも高くて、福利厚生も良くて働きやすそう」と、イメージだけで有名病院に転職をする看護師さんはたくさんいます。しかし、イメージ優先で選んでしまうと、良いイメージが膨らんだ分「思っていたのと違った」と言って離職する看護師が意外に多いのです。
職場選びの基本 その①
 『職場選びはイメージに惑わされず、
            実際目で見て直接話をして判断すべし!』
2職場の分析をしない
●職場の比較をして考えない。
職場選びはしっかり納得することが重要。そのためには、複数の職場の求人内容を比較してみることが大事です。給与・休日・残業・教育など、気になる項目についてしっかり比較検討してみましょう。とは言っても、あまりに多くの施設を一度に検討すると迷ってしまって決められないことも。一般的に2〜3施設くらいが選びやすいようです。
●選ぶポイントを明確にしない。
自分の希望条件を全てを満たす夢のような職場は、そうあるものではありません。その中でもより良い選択をするには、自分にとって譲れない条件、妥協できる条件を明確にしておくことが必要です。
「なぜ転職したいのか」「前の職場のどこが問題だったのか」自分の転職理由を書き出し、自分にとっての優先順位を付けるのも1つの方法です。
職場選びの基本 その②
 『項目と優先順位を明確にし、冷静に比較検討すべし!』
3噂を真に受ける
●友人、知人の話を真に受ける。
現場で働く知人や友人の情報は、職場選びの貴重な情報源です。しかし、その情報に頼りすぎていませんか? 人それぞれ性格も違えば、仕事に対する考え方、働き方も違います。同じ状況でも、その評価が個人によって全く異なることもあるのです。また同じ病院でも、配属によって環境は大幅に違いますので、単純に「良い病院・悪い病院」と決めつけることはできません。
友人・知人の意見は貴重な参考意見に。色眼鏡をかけず、自分で確かめる意識を持ちましょう。周りの意見に振り回されて、運命の出会い(?)を逃すことにもなりかねません。
●過去勤務していた人の話を真に受ける。
以前働いていた人から話を聞くこともよくあります。しかし日々環境は変化していくもの。看護部のスタッフが変わるだけでも職場は変わります。また、辞め方によっては悪い面をことさら強調される場合があるのも事実です。
過去の話しは過去のこと。参考にしても惑わされることがにように気をつけましょう。
職場選びの基本 その③
 『良い職場の基準は自分の中にあると心得るべし!』
4今のことしか考えない
●自分のキャリアプランを考えない。
特に女性は、出産・育児など、仕事を中断したり家庭に入ることもあるでしょう。そうした人生設計(ライフプラン)の中で、自分がどんな仕事をし、仕事に何を求め、どんなステップを踏みたいのか・・・そうしたキャリアプランを持つことは、充実した人生を過ごすためにもとても大切です。
今の職場選び(仕事選び)は、必ず将来の自分につながっていきます。理想的な転職は、キャリアプランの中で、将来やりたいことのために今すべきことが出来る職場を選ぶこと。しっかりとした目標とビジョンがあれば、職場選びにブレが少ないだけでなく、少々のことがあってもへこたれず、未来に希望を持って働けるはずです。
●将来の働き方を考えない。
自分の生活と仕事の調和(ワークライフバランス)が上手にとれることは、職場選びの重要なポイントの1つ。でも、ワークライフバランスは家庭の状況に合わせてどんどん変化していくものです。当たり前のことなのですが、職場選びの際に、将来のワークライフバランスまで考えている方は意外と少ないのです。将来のワークライフバランスを考えて現在の職場を選んでおくと、育児などの家庭環境の変化で職場を変わるなどがあったとしても、「これもプランのうち!」と前向きに次のステップへ進めます。もちろん、キャリアプランを組み立てる上でも、ワークライフバランスを考えることは大切です。
職場選びの基本 その④
 『将来を考えた上で、納得できる今の職場を選ぶべし!』
5焦って転職する
仕事と転職活動を並行して行うのは、忙しくて大変。国家資格の看護師だから何とかなると思っていると、退職日が来てしまい、バタバタして いるうちに時間が過ぎて・・・「焦ってます」と言われる方も少なくありません。看護師は売り手市場と言われますが、希望条件や年齢・経験などによっては、希望に添った病院が見つかりにくいこともあります。焦って転職活動をすると、キャリアプランやライフプランをしっかり考える時間が無く、転職先選定でも比較をする余裕がないため正確な判断ができなくなります。入職した時は「決まって良かった」と思っても、時間が経つと不満が溜まって短期間で再度転職になることも。のんびりし過ぎてもいけませんが、焦りすぎてもいけません。
職場選びの基本 その⑤
 『気持ちに余裕を持って、計画的に転職活動を始めるべし!』
6雇用条件を確認しない
雇用条件の確認不足は、転職の失敗に多い事例です。「話しが違う」と、悩みを訴える看護師さんも多くいらっしゃいます。採用担当者と職場担当者は違うこともあり、採用担当者の口約束だけでは現場に伝わっていなかったり、採用担当者が現場を正確に把握できていないということも。もちろん、双方の勘違いや理解不足が原因の場合もあります。雇用条件に書かれていない内容の場合は特に、しっかりと確認しておく必要があるでしょう。口約束だけでは不安がある場合は、書面で頂くことをお勧めします。
当社MHPでは、病院と看護師の間に立ち、こうしたトラブルを無くすよう丁寧に転職活動をお手伝いします。
職場選びの基本 その⑥
  『雇用は契約、事前の確認で無用なトラブルを防ぐべし!』
Check  
 
無料転職サポートWEB登録
やってはいけない転職活動

看護師・学生サポート